在宅避難の情報

最終更新日 令和6年3月1日

ページ番号 206112

在宅避難とは

「在宅避難」とは、 災害時に自宅に被害がなければ、避難所に行かずに自宅で生活を続けることを言います。

避難所はスペースや備蓄が限られており、環境の変化などによって体調を崩す人もいます。また、過密状態になると感染症のリスクも高まるなど決して良好な環境とは言えません。

「避難」と聞くと避難所への避難をイメージすることも多いですが、自宅で生活できる状況であれば、在宅避難をしましょう。もし、自宅に被害がある場合でも、被災していない家族や親戚、知人の家に避難する縁故避難や、被災していない宿泊施設を自身で確保して避難する自主避難という方法もあります。

是非、皆さま考えてみませんか。

在宅避難の準備を始めるには

在宅避難を行うには、日ごろから住宅の耐震化や家具の転倒・落下・移動防止を行い、食料や水など必要なものを備えていくことが大切です。

準備にあたっては玉川地域区民防災会議(※)で作成したチラシ「在宅避難を学ぼう!」を参照してください。在宅避難が必要となる背景や、在宅避難の準備を進めるうえでの具体的なポイントを紹介しています。

●在宅避難を学ぼう!基本編(Vol.1)(←クリックしたら開きます)

●在宅避難を学ぼう!実践編(Vol.2)(←クリックしたら開きます)

こちらのチラシは玉川総合支所地域振興課や玉川地域のまちづくりセンターの窓口で配布しています。

※玉川地域区民防災会議は、震災から区民の生命と財産を守るため、「自らのまちは自ら守る」を基本理念とし、地域防災活動の推進主体として区民相互の協力体制を構築することを目的に組織された会議体で、玉川地域各地区の地元町会・自治会の代表者2名が務める委員と、玉川警察署・玉川消防署・玉川防火防災協会・玉川消防団等関係機関が務める専門委員により構成されています。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

玉川総合支所地域振興課地域振興・防災

電話番号 03-3702-1603

ファクシミリ 03-3702-0942