世田谷区土砂災害ハザードマップ

最終更新日 令和6年6月1日

ページ番号 149126

世田谷区土砂災害ハザードマップについて

土砂災害防止法に基づき、東京都により世田谷区内の一部地域が土砂災害のおそれがある箇所として土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定されています。

土砂災害ハザードマップは、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域と避難所を地図上に示したものです。また、避難所や情報入手方法なども掲載しています。

土砂災害などの自然災害に対しては、日頃からの備えがとても重要です。土砂災害ハザードマップをご活用いただき、自宅周辺の地理や避難所の位置を確認し、家族で話し合っておくなど、日頃からの備えをお願いします。

(お知らせ)

・現在配布している最新のハザードマップは令和4年7月発行のものです。(ハザードマップの内容は、本ページ以下の添付ファイルからご確認ください。)

・令和6年3月に新たに以下の箇所の指定がされたことにより、現在改定作業を行っています。現在配布しているハザードマップには反映されていませんのでご注意ください。改定したハザードマップは令和6年7月から本ページへ掲載および窓口で配布する予定です。

※新たに指定された土砂災害警戒区域等の詳細は東京都建設局ホームページ新しいウインドウが開きますにてご確認をお願いいたします。

箇所番号 所在地 備考
112001-K024

岡本二丁目(所在の一部は岡本一丁目、岡本三丁目)

区域変更
112001-K031 野毛二丁目 区域変更
112001-K071 瀬田四丁目 区域変更
112001-K102 瀬田四丁目 新規指定
112001-K103 瀬田四丁目 新規指定

112001-K104

瀬田一丁目 新規指定

・本ハザードマップには、令和4年7月時点の土砂災害時避難所を掲載しています。最新の情報は、水害時・土砂災害時避難所についてをご確認ください。 

指定区域の詳細な図は、東京都土砂災害警戒区域等マップ新しいウインドウが開きますをご確認ください。

配布窓口

土砂災害ハザードマップは、下記の窓口で配布しています。配布部数には限りがありますが、ご了承ください。

耳で聴くハザードマップがご利用いただけます

スマートフォン用アプリ「Uni-voice Blind」で、区内の洪水や土砂災害のリスク等を音声読み上げにより確認できます。視覚に障害のある方なども、スムーズに避難に関する情報等を受け取れます。

「Uni-voice Blind」アプリは以下からダウンロードできます。

▼App Store

QRコード(iPhone用)

▼Google play

QRコード(android用)

操作方法は「Uni-voiceホームページ新しいウインドウが開きます」でご確認ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

危機管理部 災害対策課

電話番号 03-5432-2262

ファクシミリ 03-5432-3014